大国麗(爛々)の本名は?実家は超お金持ち?両親や兄弟を調査

人物
スポンサーリンク

お笑いコンビ・爛々の大国麗(おおくにうらら)さんの名前が本名なのか知りたい方が多いようですね。


あまり聞き慣れない苗字と可愛い名前なので本名かどうか気になりますね。


また大国麗さんの実家が超お金持ちだという噂がありますが本当なのでしょうか


今回は両親や兄弟など、家族についても調査しました。


この記事でわかることはこちらです。

  • 大国麗は本名なのか
  • 大国麗の実家は超お金持ちなのか
  • 大国麗の両親や兄弟について


それでは早速本題へ入っていきましょう!

スポンサーリンク

大国麗(爛々)の本名は?

大国麗(おおくにうらら)さんは本名だと思われます。


爛々のWikipediaには、下の名前だけを活動名にしている相方の萌々さんについては「本名:寺中萌々(てらなかもも)」と記されています。


大国麗さんはとくに本名の記載はありませんのでおそらく本名なのでしょう。


大国という苗字は珍しい印象ですが、全国におよそ2300人いるそうです。


麗という名前もとても可愛らしいお名前で素敵ですよね。

名前の由来は分かりませんでしたが、ご両親が愛情をこめてつけた名前でしょうね。

かわいくて美人な大国麗さんにぴったりですよね!

引用元:twitter

スポンサーリンク

大国麗(爛々)の実家は超お金持ち?

大国麗さんの実家がお金持ちだという噂がありますが、本当かどうかはわかりませんでした。

大国麗さんの実家がお金持ちだと言われる理由は大国麗さんの学歴特技実家で撮った写真にあるようですね。


順番に見ていきましょう。

大国麗の学歴

大国麗さんの学歴は、

京都のノートルダム女学院中学校・高等学校卒業

京都ノートルダム女子大学卒業

となっています。


京都のお嬢様学校に中学から大学まで通っていたことからお金持ちと言われるようになったのですね。


確かに京都のノートルダム女学院はお嬢様が多いようで、車で通学したり、長期休みに海外旅行に行く家庭も多いそうです。(Yahoo知恵袋)

大国麗の特技

大国麗さんの特技からもお金持ち説が浮上しています。


その特技が「ペルシャ絨毯の良し悪しを見分けられること」です。


ペルシャ絨毯は床の上の芸術品と言われる高級な絨毯ですよね。


それを見分けられるというのは幼い頃から高級なものが身近にあり、触れてきたからかもしれませんね。


また大国麗さんが実家で撮った写真からもお金持ちっぽさが感じられます。

大国麗の実家で撮った写真

大国麗さんが実家で撮った写真がこちらです。

とてもオシャレな雰囲気ですよね!


部屋の一部しか写っていませんが、レコード専用のお部屋でしょうか。


もしレコードだけを保管している部屋があるとしたらやはりお金持ちなかんじがしますよね!

[ad]

大国麗(爛々)の両親

大国麗さんの両親について情報は公開されていません。


大国麗さんの両親は一般の方だと思われます。


なので名前顔画像などの情報はありませんでした。


職業も分かりませんが、お金持ちと言われているので会社を経営されていたりするかもしれませんね。


大国麗さんの趣味のひとつに「母とお茶をする」というのがあります。

大国麗さんが母親と仲が良いことが分かりますね!


きっと父親とも良好な関係を築いていることでしょう。


大国麗さんはご両親からたくさんの愛情を受けて育ってきたのでしょうね!

スポンサーリンク

大国麗(爛々)の兄弟

大国麗さんに兄弟がいるかどうかの特定には至りませんでした。


両親と同じく、大国麗さんの兄弟についても情報はありませんでした。


なので一人っ子の可能性もありますね。


相方の萌々さんとは7歳の年の差がありますが、お二人はとても仲が良いです。



なので実際にもがいるかもしれません。


大国麗さんはセレクトショップBEAMS店長をしていた経験もあるので、しっかり者の長女タイプかもしれませんね。


オシャレでかわいくてお金持ちと言われる大国麗さんの両親や兄弟がどんな方か気になりますよね!


今後テレビ出演した際やSNSなどで、大国麗さんのご家族についてお話してくれると嬉しいですね!

スポンサーリンク

大国麗の本名・実家・両親・兄弟|まとめ

今回は「大国麗(爛々)の本名は?実家は超お金持ち?両親や兄弟を調査」と題しまして、大国麗さんについてお伝えしました。


大国麗さんは本名だと思われます。


大国麗さんの実家がお金持ちかどうかの特定には至りませんでした。


大国麗さんの両親や兄弟については情報がなく、わかりませんでした。


今後、大国麗さんのご家族についての新たな情報がありましたら追記していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました