仲本工事の自宅はどこ?画像はある?ゴミ屋敷の理由は認知症?

人物
スポンサーリンク

仲本工事さんの自宅について知りたい方が多いようですね。


仲本工事さんの自宅の場所はどこにあるのでしょうか。


仲本工事さんの自宅はゴミ屋敷だと言われていますので、自宅がどんな状態なのか画像が見てみたいですよね。

仲本工事さんの自宅がゴミ屋敷になってしまった理由として認知症が理由ではないかとの噂もあるようです。


そこで今回調査した内容はこちらです。

  • 仲本工事の自宅の場所はどこなのか
  • 仲本工事の自宅の画像
  • 仲本工事は認知症なのか


それでは早速本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

仲本工事の自宅はどこ?

仲本工事さんの自宅は東京都目黒区緑が丘にあります。


仲本工事さんは現在奥さんとは別居中で、ペットの犬猫と暮らしているそうです。


仲本工事さんは東京都目黒区緑が丘にある自宅で、以前カラオケスナック居酒屋を営んでいたそうです。

仲本家~純歌の台所~

仲本工事さんは妻・純歌さんと「仲本家~純歌の台所~」という居酒屋を営まれています。


こじんまりとしたお店で評判も良いそうですよ。

焼き鳥や餃子が美味しいといった口コミがありました。


仲本工事さん本人がお店に立ち軽快なトークも人気だったのだとか。


コロナの影響で不定期な営業が続いていたようですが現在も営業されているそうです。

カラオケスナック「ピンクローズ」

ピンクローズは「仲本家~純歌の台所~」の隣にある、妻・純歌さんが経営するスナックです。

ピンクローズは30人程が入れる広めのスナックです。


連日ものまねタレントさんたちが集まって賑わっていたそうですよ。


ピンクローズは途中で店の名前を「ジュンカ&エミカナイトミュージアム」に変更されているようでした。

ですが仲本工事さんの妻・純歌さんが横浜でカレー屋を始めたので、現在こちらのお店は営業していません。

[ad]

仲本工事の自宅はどこ?|ゴミ屋敷の画像はある?

仲本工事さんの自宅の画像がこちらです。

外観を見る分にはゴミ屋敷には見えませんよね。

しかし2階部分の自宅と1階のスナックは、ペットの犬猫がいたるところで糞をするため新聞紙が敷き詰められ、不衛生な状態なんだそうです。

扉をノックしても応答がないので恐る恐る開けてみれば、動物の糞尿の臭いがツンと鼻をつく。店内をのぞくと、さまざまな生活用品が溢れ、散らかっている。床には新聞紙が敷き詰められており、テーブルには犬猫を世話するためのグッズや仲本の私物が積み上げられ、酒のグラスを置くスペースすらない。さながら“ゴミ屋敷”のような状態だ。

引用元:デイリー新潮


仲本工事さんの自宅がゴミ屋敷と言われる理由はペットの飼育環境が悪いことが原因のようですね。

引用元:デイリー新潮



ペットのしつけもされていない、散歩にも行かない、ダニやノミがひどく皮膚病になっている、というひどい状態のようです。


仲本工事さんが寝ているソファーベッドの画像がこちらです。

引用元:デイリー新潮

ペットたちが粗相をしたあとが多数見受けられますね。


いつ頃からこのような状態になったのかは分かりませんが、妻・純歌さんが出て行ってしまい、仲本工事さんが一人でペットの世話をするのは大変だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

仲本工事の自宅はどこ?|ゴミ屋敷の理由は認知症?

仲本工事さんの自宅がゴミ屋敷の理由が認知症だからなのかは分かりませんでした。

仲本工事さんの自宅がゴミ屋敷状態になっていることについて、認知症が理由ではないかと言われています。


認知症になるとゴミ出しの日を忘れたり、ゴミ出しの場所がわからなくなって家がゴミ屋敷になっていしまうことがあるようです。


今のところ、仲本工事さんが認知症だったという事実はありません。


ですが81歳という年齢を考えると、認知症まではいかなくても物忘れがひどくなったり、身の回りのことをするのが大変になったりしていてもおかしくないですよね。


そこに複数のペットの世話や、お店のことも考えなければならないとなると仲本工事さん一人では管理しきれなかったのではないでしょうか。


仲本工事さんの娘さんがたまに顔を出し、家の掃除を手伝っていたそうですが、一度ひどい状態の部屋を元に戻すのは相当大変なようです。


[ad]

仲本工事の自宅はどこ?|まとめ

今回は「仲本工事の自宅はどこ?画像はある?ゴミ屋敷の理由は認知症?」と題しまして、仲本工事さんの自宅についてお伝えしました。


仲本工事さんの自宅は東京都目黒区緑が丘にあります。

仲本工事さんの自宅がゴミ屋敷の理由が認知症だからなのかはわかりませんでした


仲本工事さんのご冥福をお祈りいたします。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました